So-net無料ブログ作成
検索選択

大江戸温泉物語ホテルながやま(in片山津)  [温泉]

ご無沙汰しています(^^;

 

今年は 順調に UPするつもり…だったのに(^^;

さっき ログインしようとしたら PCが変わったせいもあって クッキー残っていず
ログインもできないていたらく。。。
とりあえずの 昨年の備忘録です。かなり忘れてます。  

 

夏のファミリーお泊り会に選んだのは 片山津温泉 大江戸グループのホテルながやま

大人数が 土曜日お泊りしようとすると 空いていなくて 多少の妥協は必要ですが
思ったより 良かったお宿です。

末っ子一家が 不参加ということで 我が家の4人と娘一家5人
スポンサーの息子から 多少高くても良いよ♪というお言葉に甘えて
9人が一緒に泊まれる特別室を ゲット(そこしか空いてないのが実情です) 

 このホテルは 多少古いですが プールもあり この日から 夏祭りも開催とのことで 決めたのです。

 070.JPG

 大型旅館なので 全景は撮っていません。裏庭から 夜店と本館を。

反対側に目線を移せば

               柴山潟と足湯です 

071.JPG 

 

部屋から見れば この眺望 片山津温泉街が見えます。(この宿は端っこ)

064.JPG 

 

 特別室のお陰で 全面ガラス張りの眺望。 夕焼けに染まる空を 
   すぐ近くの小松空港に向かう飛行機が眼前を行きかい 大人も子供も大喜び(*^o^*)

058.JPG 

 翌日は この機体の刺激のお陰で 小松航空プラザで遊びましたよ

食事は 大江戸温泉物語は バイキング形式
この時 旦那が骨折してた時なので 車椅子

そのお陰で 一番 バイキングに近い場所が 用意されていました(*^o^*)

 福井石川しか知らないけど 大江戸グループのバイキングは 美味しいと思います。

バイキング.jpg 

 

お部屋も050.JPG 

この左右に寝室があり 奥の空間は 誰かさんのいびきがうるさくて・・・らしく 
                旦那が朝起きたらここへ 避難して?寝てました 


042.JPG 

051.JPG 

 

 

大衆演劇などもありますが 大きな温泉にプールに夜店 お土産屋さん みんなでワイワイ楽しんでて 
行かれませんでした。

 

逃げ恥?書き恥?・・・ですが とりあえずの記録だけ  m(_ _)m


コメント(4) 
共通テーマ:旅行

平湯民族資料館で また 立ち寄り湯  [温泉]

雨の中だけど 昼食の後は せっかくここ(奥飛騨)まで来たのだから [いい気分(温泉)] でしょう?

温泉に入らない息子を 時間潰しの為 ターミナルにおろして
二人が 向かったのは 私が大好きな民俗資料館の湯

               女湯と 男湯

DSCF5109.JPG 

私は いそいそと女湯へ

DSCF5108.JPG

先客が 脱衣場に一人・・・
           え?外人さんだ 

              ヒァ? と私の顔を見て 脱衣かごの置き場所を確認?

脱衣かごを 下駄箱に置こうとしてた(笑)ジェスチャーで通じた(笑)

後から 入っていくと 湯船に居た先々客に 今度は 入り方を習っていた。
シャワーもカランも無いからね~ 湯桶で身体にかけて洗って・・・と 

DSCF5105.JPG

3人で しばらく入るが 無言(爆)しゃべれないものね~

             雨だけど 半分屋根があるから ありがたい

DSCF5107.JPG

気持ち良か~ と ホクホクで 先々客に続いて上がるのと入れ替わりに
70代と思しき ご婦人が。  
   「外人さんが一人入ってますよ」と成り行きで答えたら 問題ないよみたいな感じで
    入って行かれたが 会話が聞こえた[exclamation]カッコいいね~


外へ出たら 資料館の軒下で外人さんのご主人と息子さんが しびれを切らして待っていた(*^o^*)

まだ時間が余ってるので 桃を買いに 果樹園へ 今回初めての高山市内の果樹園。
味見させてくれないので 一抹の不安だったが 車に戻ってすぐ 食べてみたら 美味し~~~[ぴかぴか(新しい)]

DSCF5110.JPG
 

来年も 買いに行こうっと(*^o^*)(*^o^*)と満場一致で決定です。

お昼 食いっぱぐれたお肉 夕方も道の駅ななもりへ入れず またもや遭難
諦めて 白鳥で ステーキ丼で 手を打ちましたとさ。チャンチャン!

DSCF5111.JPG


コメント(8) 
共通テーマ:旅行

季がさね(in片山津温泉) [温泉]

季がさね(ときがさね)と呼びます。

浮き御堂の前にある お宿ですが 立ち寄り湯をお願いしました。
入浴料@1080と ちょっと高いけど 岩盤浴も付いてます。
(浴着は持参しても良いし レンタルもあります)

駐車場は 宿泊者は屋内駐車場ですが 日帰りは玄関脇のスペースへ・・・
お宿が 片山津温泉街の中心地なのと玄関前のスペースが余り広くないので 全体が撮れません

DSCF3939.JPG

落ち着いたロビーで 受付を済まし

                        長~い廊下を一直線に進みます。

DSCF3938.JPG

向こう側が玄関ホール 女の子がいる左側辺りが岩盤浴室(浴場とは別にある)
その間が 売店&ラウンジになってます。

簡潔な脱衣場DSCF3936.JPG

DSCF3937.JPG友人と映り込んじゃった

露天風呂のほうから 内風呂&脱衣場方向DSCF3935.JPG

平日の昼過ぎなので 完全に貸切です(笑)

露天風呂はDSCF3929.JPG

こんな階段を降りていくと

DSCF3930.JPG

とっても気持ちの良い造りです 
                         手前にこんなサウナ室も

DSCF3932.JPG 

と~っても気持ちが良いのですが 難点が一つ!

中心地というのもあって 両側に大型旅館が乱立してる為 目隠しがしっかりし過ぎ~

DSCF3933.JPG

小松空港近くなので 離発着の飛行機が低空を飛ぶのですが 機影が見えない(笑)
自衛隊のF15機も2機 着陸に向かってたのですが ドーンという音だけで 隙間からチラッと(^^;


階段の上からだと 柴山潟に臨むこんな視界なんですけどね~

DSCF3934.JPG

色々諸事情もあってブログをサボってますが(^^; とっても元気です。
毎週のように 金沢方面や加賀方面へリピート出没していますので ご安心下さいませ(笑)


コメント(6) 
共通テーマ:旅行

白馬グリーンプラザホテル(白馬コルチナスキー場) [温泉]

温泉(人が多い)も レストランも カメラ&スマホを持っていかなかったので 
本当に ホテルの備忘記録としてだけ・・・です。

宿泊者用の駐車場は ホテルの前なので 助かります。
            この写ってる車は 関係者用かな?明るい間は バスの停車場に使用です。
DSCF3322.JPG 

オフ会から帰った時 全景を撮っていないことに気づいての一枚

 左手に売店・ 7階まで吹き抜けのロビー ・右手にフロント・・・広々です

     DSCF3307.JPG ゲレンデは右手の奥

DSCF3306.JPG


部屋が 畳敷きスペース付きのツインだったはずが グレードUPで・・・と
最上階の10階のメゾネット式のお部屋へ

ここで フロントで 問題ないでしょうか?と確認されたのだけど・・・
軽井沢グリーンプラザホテル形式だと思って 良いですよ[グッド(上向き矢印)]と ルンルンでお部屋へ

これが後で問題なんですよ~ 膝の痛い旦那には(笑)

部屋のネームプレートが 可愛いの[るんるん]同じ階の全室が違うので 廊下を歩いて 見学~

DSCF3303.JPG  

                 泊まった部屋 DSCF3302.JPG

玄関は狭いDSCF3294.JPG

玄関から 廊下の奥に和室DSCF3289.JPG

DSCF3290.JPG押入れに布団3組

階下にDSCF3295.JPG

窓の外はDSCF3292.JPG1本松コース

ベッドルームやサニタリールームDSCF3300.JPG

DSCF3296.JPG

奥の左がサニタリールーム。(正面は従業員通用口で客は出入り禁止・先は9階部分の廊下)

DSCF3301.JPG冷蔵庫は空です

DSCF3299.JPG

タオル類は 浴場へも持っていかないと駄目ですが 下に見えてるビニール製の手提げ袋があります。

DSCF3298.JPG

お茶は 多めにおいてありますが コーヒーなどは無いので コンビニなどで カップ入りを
持って行くと良いですよ。
下の売店には カップラーメンなどはあるけど コーヒーは無かったので

レストランが地下と2階に2ヶ所と 1階に 朝からやってるCafe(ピザが美味しいらしい)
メインは2階のほうで バイキング形式で 昼はゲレ食レストランになります。

昼はまぁまぁでしたが 朝のバイキングは 種類も多く 美味しかったです
食事無しの予約だったので 周りにホテル以外無いので 朝食だけ付けたけど 
Cafeを利用するのもあり!だなと思いました。

建物も欧風のリゾート風ですが お客さんも 青い目の外人さんだらけ

エレベーターに乗っても 露天風呂に入っても ロビーで会うのもレストランも 外人さん(笑)
団体バスで乗り付けてくるのも 外国の団体さん わぉ~です(^^;

食事は ごめんなさい 
カメラもスマホも持たずに行っちゃって[ダッシュ(走り出すさま)] 美味しかったですよ

10階のメゾネット(部屋が広い)の廊下で出会うのは 日本人ばかり
問題が起きないように 日本の人を まとめたのでは?と 思うのは私達だけでしょうか?(^o^)

*同系列の軽井沢と同じメゾネットと思ったのは 軽井沢は入り口が下で メインが和室とリビング
2階にツインベッドルームがあるので 1階部分だけで 事足りたのです。

コルチナは入り口が2階部分で リビングなど居住区が1階なので 出入りするたび
階段を上り下り・・・ 足に爆弾を抱えてる我々には(^^;でした。

セットになっていたので 後で判ったけど コルチナのシニア券は安いんですよね~(*^o^*)


コメント(12) 
共通テーマ:旅行

片山津温泉 街湯 [温泉]

このお洒落な建物は なんでしょう?

青空と湖(柴山潟)に 同化して 透けてるような感じのする建物

DSCF2503.JPG

車を停めて 左側の緩やかな坂になったプロムナードを 歩きます。
(車椅子が通りやすい勾配です) 
右側通路は 自転車置き場行き~ ・・・・勾配の下が 駐輪場です。

DSCF2504.JPG

近づけば 益々 宙に浮かんでるような気がしてきて 歩きながら [カメラ]

DSCF2508.JPG

2階には ガラス張りオープンなcafe

                        外へ出れば 文字通り オープンcafe

DSCF2506.JPG

DSCF2507.JPG

船のデッキにいるような感じでしょ?

ただ パラソルが無いので この日の炎天下には 無理~!パラソル所望です!

さて 階下に 下りて 目的の場所へDSCF2511.JPG

コンクリート打ちっぱなしの お洒落な空間でしょう?玄関&受付方向を見てます。

DSCF2513.JPG

突き当たりには 森の湯  の案内です

ここは 森の湯と潟の湯の二つがある まちゆ と名づけられた片山津温泉の 立ち寄り湯です。

@420 を支払って 早速 入りま~す。二つの湯は 男女で日替わり です。
(格安料金ですから 石鹸類は ありません。受付に売っていますよ) 

ちょっぴり 潟の湯でなかったので ガッカリだったんですが
入ってみて ガッカリ気分は吹き飛びました。

DSCF2509.JPG

L字型に配された 浴槽。上は 厚いコンクリート打ちっぱなしの壁
浴槽に入ると まるで 額縁越しに 風景画を見てるよう・・・素敵です・・・

                 と~っても良い気分 落ち着きます・・・が 湯温が やや熱め(^^;

雰囲気をお伝えしたくて・・・ でも人が切れないので この一枚だけ かろうじて撮れました。
露天風呂が無いから と敬遠してたけど これはこれで 在り!だと納得できる程 良かったです。

下の2枚は オフィシャルページから お借りしました。

森の湯 洗い場moriyu_photo_01.jpg

コンクリートと対照的な 木をふんだんに使った洗い場が 素敵
                 L字型の湯船の 両端に この洗い場があります。

入れなかった 潟の湯 index_photo_katayu.png

空と湖を見ながら 入れる開放感 良いでしょうね~♪
                          今度は 曜日を確認して 行かなくっちゃ(^_-)☆

ちなみに 一階受付裏からは柴山潟に出られ 親水できるようになっています。DSCF2514.JPG

もちろん 玄関前は 片山津温泉街となっておりま~す(^o^)

DSCF2516.JPG

さて さっぱりした所で ランチに行きましょうか(笑)


コメント(6) 
共通テーマ:旅行

白船グランドホテル 食事編 [温泉]

まったりし過ぎで 温泉を楽しんだ為 
ダッシュで 身支度を済ませ 浴場から食事処へ直行です。

画像は クローズされてる食事処です。
時間になると 暖簾があげられ 仲居さんが笑顔で迎え入れてくれます

DSCF2108.JPG

席の設えDSCF2081.JPG
掘りごたつ席DSCF2099.JPG元は本物?

こんな卓が 8~9席 一列に並んでいます。

DSCF2082.JPG

外は 雪の山・・・ですよ       とりあえず生ビールで いっただきま~す[ビール]
                                 湯上りには 堪りません~(^_-)☆

DSCF2080.JPG

席に着くと お肉やお造りなど 冷たいものがやってきます

                                お品書きがついてて好感度up 

DSCF2075.JPG

前菜5品盛り                          
            どれも手の掛かったもので 美味しいですよ[グッド(上向き矢印)]DSCF2078.JPG

              ↓ 酢の物 竜皮巻き だそうですが ちょっと変わってて旨~い   
                                お蕎麦も コシがあって美味しいDSCF2076.JPG

            ↑ は 牡蠣豆腐 牡蠣の風味が生きてる~

     お造りは 信州サーモンと大岩魚だそう  ぷりぷりで美味しいです

DSCF2079.JPG

陶板焼きの信州牛~ 適度に柔らかい
                  お野菜から 焼くと お肉も丁度良く焼けるみたいですよ

DSCF2077.JPG

お肉を食べ終える頃にはDSCF2088.JPG

温泉入り豆乳鍋 海老や豚肉入りですよ~

あっつあつの岩魚の焼き物

DSCF2086.JPG 

ちゃんとお腹もとってあるので 頭から がぶり[exclamation]最高! 
                         お皿に残ったのは 尻尾と飾り塩したヒレのみ

蕎麦の実蒸し~ 今日二度目(ランチと)  山葵であっさり・・・ホクホクして美味しかったです
DSCF2083.JPG

料金が安いので 少しでも貢献と ワインもお代わりDSCF2084.JPG

DSCF2085.JPG

煮物・・・・ 海老芋 鴨丸(つくね?)梅麩

もう お腹一杯ですがDSCF2087.JPG

熱々の温泉粥コロッケ 小ぶりなので 思い切ってお口へ ふ~ふ~と
軽い食感で すんなり 入りましたが

最後の ご飯セットには ギブUP!ご飯なしで・・・とお願いしたけど 少しだけでもと
やってきました(^^;

DSCF2089.JPG 

ムースのデザートはつるんと別腹~[るんるん]

ご飯はDSCF2090.JPG

こんな形になって 部屋へお持ち帰り~  ほとんどのお客様が ラップを所望されてたので
私達だけじゃなく 多めのご馳走でしたね

これで 普通のお料理のようですが 総て 手作りで と~っても美味しかったので
残すのが勿体無く 後で 胃薬飲めば良いわ ・・・と 無理は承知で 食べちゃいました(*^o^*)

お給仕してくださる 仲居さんたちの 合いの手も楽しく丁寧過ぎもせず 良い距離感で 好感もてます

ついでに 朝食も~


コメント(10) 
共通テーマ:旅行

白船グランドホテル 温泉編(白骨温泉) [温泉]

もう一番楽しみにしてきた白濁の湯!ルンルンと向かいます。

湯処は DSCF2062.JPG
ゆったりした造りで ここで スリッパをぬき 温泉に向かう気分が高揚するような空間です

DSCF2065.JPG

入った所の湯上り休憩所には 冷水器が置かれ 左の壁部分には 呼び鈴を押せば 生ビールも
飲めるようになってます[ビール]

いよいよ女風呂の暖簾ををくぐると

DSCF2066.JPG

こんな小上がりも 設えられて どこもかしこも 適度にゆったりした感じがします。

行きますよ~[るんるん]DSCF2068.JPG高い天井で 湯気が・・・抜けてません(笑)

内湯の淵は 成分がこびりつき 模様になってて 表面は削って 歩きやすくしてあるようです
そのままの所は 足裏がかなり痛くて歩けなかったですよ

DSCF2070.JPG

画像を撮り忘れ・・・でしたが カランや配管金具が 成分に負けて 真っ黒です[どんっ(衝撃)]
(アクセサリーは外して 入浴するように 但し書きがありました)

白骨の湯は やっぱり凄いんだなぁと再確認 さて 内湯へ どぼん

DSCF2101.JPG

露天には こんな階段を下りていきますDSCF2071.JPG

小雨が降ってるけど DSCF2072.JPG

屋根の下になる所は 大丈夫なので まったり~ おしゃべりしながら長湯~

                             源泉投入口&飲線DSCF2102.JPG

ここで 敏感な方は お気づきでしょうか?
そうなんです 白濁してないんです!やや濁っている程度のお湯に ちょっと?随分?ガッカリ[バッド(下向き矢印)]

冬季のせいなんでしょうか?
お風呂で一緒になった仲居さんに聞いたら 最近 煤香庵やご近所の温泉のもらい湯をしても
白濁度が かなり薄いそうで(グランドホテルと同じような感じ) なぜなんでしょうね・・・との事

白濁が薄いのには ガッカリだけど 良いお湯には変わりは無く
とても気持ちよく 湯浴み~

長湯し過ぎて 夕食時間の6時には 遅刻しそうになりました~(*^o^*)

湯上り処の冷水が また 美味しいの何のって(*^m^*) 


コメント(8) 
共通テーマ:旅行

白船グランドホテル(in白骨温泉) [温泉]

[いい気分(温泉)]このお宿に巡り合ったのは 1通のメール[メール]から

偶然 メールボックスを開けたら 《タイム爆セール@999》・・・えっ?何処のお宿・・・と
疑心暗鬼ながら 発信元が るるぶ なので 大丈夫かな?とメールを開けたら 白骨温泉[グッド(上向き矢印)]
しかも白船グランドホテルですって~~~平日の1日限定?

いやいや これは行くっきゃないでしょ(*^o^*)で ポチッと

本当に 1泊2食付なの?と何度も 確かめ確かめして 当日を 待ちました。
旦那と行こうと思ったけど 平日で やはり無理!だったので 友人と二人旅となりました[るんるん]

DSCF2112.JPG

これは帰りのお見送りの時間の風景です

玄関を入った所DSCF2111.JPG

そのまま まっすぐ案内されて こちらで受付です。お茶も頂きました。左横に売店もあります。

DSCF2109.JPG

チェックインしていると 仲居さんが案内しに来てくれて 荷物を持って頂いて いそいそと・・・(^o^)

4階のお部屋を入ると・・・お~結構 良いお部屋ですよ~

DSCF2050.JPG

初めての造りですが 広々感が出て良いですね

窓からの景色DSCF2049.JPG

DSCF2053.JPG入口方向
壁には三面鏡 足元にはお茶セット

DSCF2052.JPG 応接セットの後ろには コンパクトな洋服掛け  

  ↑ 加湿器。バスタオルが2枚ずつ 浴衣が柔らかい寝る用とご飯食べたりする時用の2枚

DSCF2061.JPG
とても着心地の良い浴衣 2種類でした。

踏み込みには 水屋があり コップなどがある。 DSCF2056.JPG

                       冷蔵庫は 空で 使用する時は自分で 線を差し込む。

DSCF2057.JPG独立の洗面所・トイレDSCF2055.JPG

もちろんお風呂も コンパクトながらありますよ

DSCF2054.JPG

広縁を組み込んであるので 10畳間が とても広く感じます。この造り 好きですねぇ

DSCF2060.JPG

お部屋まで案内の仲居さんが 館内案内などの説明をしながら お茶も入れて下さいました
ロビーのお茶も美味しかったし このお茶も 美味しく頂きました(*^o^*)

さりげないサービスが とても心地よいのですが 仲居さんたち @999って 知らないんでしょうねぇ(^^;
この後 お部屋へは 仲居さんは 入って来ないので まったりできますよ~

さて 晩御飯を6時にしていただいたので 先に楽しみ~にしてきた 白濁の湯 行きましょうか。。。


コメント(6) 
共通テーマ:旅行

平湯民族資料館で立ち寄り湯 [温泉]

奥飛騨まで足を延ばして 温泉無しは考えられないよね~

今夜は 白濁の湯[るんるん]のはずなので お気に入りの茶色濁り湯の民族資料館へ!

DSCF2043.JPG

入り口の 資料館の軒先には 寒干し大根が・・・実物見るのは初めてで 興味津々
(帰りに 道の駅で お土産に買いました)
勝山市は雪は多いけど 極寒ではないので こんなのは無いのですよ~

DSCF2040.JPG

雪深いので 営業してないかと思ったけど 温泉利用で 通路は確保してありました。

あれ?玄関部分が変わってます。

DSCF2041.JPG

雪や風除けの為に 外玄関を出したのね。中は変わってませんよ

この雪の中 お客さんは 少ないかと思いきや 次々と訪れて 中の画像は 撮れません(T T)

・・・で 以前の夏の画像なので 雪はありませ~ん(まだ雪がたっぷりですよ[雪]

掛け流し.jpg

熱めの夏場とは違って ちょうど良いお湯加減(*^o^*) いえ ややぬるめ・・・なので
いくらでも入っていられます

湯冷めするかな?と思いつつ上がったのですが なんと安房トンネルに入った頃から 
汗が噴出してきました~[るんるん]
                      温泉の威力って 凄いなぁ[るんるん]

さて 沢渡から新しくなった県道白骨温泉線を通って  今夜の宿泊地 白骨温泉へレッツゴー[車(セダン)]

福地温泉の青ダルに続いて 釜トンネルも青く彩られ 綺麗・・・[ぴかぴか(新しい)]

DSCF2044.JPG

白骨温泉すぐ手前の竜神の滝も 青く輝いてます[ぴかぴか(新しい)]

DSCF2048.JPG

ちょっとだけ時間が早いので コーヒーでも と思ったのですが どこも閉まってて残念
宿に 直行することにしました。


コメント(4) 
共通テーマ:旅行

元湯 箱山温泉 (in戸狩) 立ち寄り湯 [温泉]

今夜の宿 焼額プリンスホテル西館にも 大浴場があるけど
温泉では無いらしい・・・

宿泊に夕食は付いてないプランだし
折角 温泉の宝庫に来てるんだから(^o^) 入らなくっちゃね~と 

湯田中付近まで 足を延ばし 駅中の観光案内所で 「濁り湯の立ち寄りありませんか~?」
と尋ねた所 外来受け付けてる渋温泉の大湯は4時で終了なので と

箱山温泉を 教えてくれた。湯田中の駅から 車で8分くらいかな?川向こうの一軒宿の風情でした。

気取りの無い一軒家

h全景.jpg

頭上をh源泉.jpg
源泉からのパイプが 通ってます。

券売機で 入浴券を買いh通路.jpg

浴場へと廊下を行くと 男湯と女湯がありますh入り口.jpg

脱衣場h脱衣場.jpg

手前に 鍵ありロッカーがあります。

やった~[黒ハート]好みの濁り湯! 内湯は適温で~す(*^o^*)

内湯(壁の向こうに人がいる)h内湯.jpg

h亀.jpg露天 奥

亀に似た岩も       露天風呂はぬるめ~ かなり温め~

真ん中の 巨岩の横の柱 ↓ から源泉が・・・ここだけ適温(かなり人が居たので行けなかった)

 h湯口.jpg

露天風呂の真ん中にも巨岩があるがh巨岩.jpg入り口付近にも

少しぬるめだけど 良い湯でした(*^o^*)v   
                           満足~して休憩所へ5時から食事も出来ます

h休憩.jpg

朝も昼も軽~くパンだったので お腹も空いたので
旦那にしては珍しく お蕎麦と天丼  h蕎麦.jpgh天丼.jpg

お蕎麦は 機械打ちだと思うけど 美味しかったそうです

私は もちろん摂りあえず 生!(笑) h生.jpg

天ぷら定食 どれも美味しいんだけど すっごい安いんです。定食で@800かな?

h天ぷら定食.jpg

何でもありh厨房.jpg

みたいですよ~ お泊りも出来るらしい・・・です。

ここで 良い出会いが[るんるん]

テーブルがいっぱい空いてるのに わざわざ私達の隣に座ったお兄さん[exclamation&question]
志賀高原のインストラクターさんとか。見えていたスキー場が何処?から話が広がり
ジャム勝・志賀高原の話 色々穴場やツボも教えていただきました~ ありがとう

お陰で 翌日 素晴らしい体験が出来たのでした。


コメント(6) 
共通テーマ:旅行